投資信託

投資信託(投信)とはひと口に言えば株式や債券などを組み合わせ一つにまとめた金融商品の事です。ほかの金融商品と同じく元本保証はありません。投信は証券会社や銀行、郵便局などで販売されていて販売している銀行・郵便局とは別の運用会社が運用しています。
通常、株式や債券を購入しようとすると数十万円から数百万円の資金が必要になり売り時や買い時を考え運用していかなければなりませんが投信の場合はプロであるファンドマネージャーが株式や債券を運用してくれ、一般的に一万円分から購入できます。そしてその運用成果により基準価格と呼ばれる投信の価格が上下します。
国内株式に投資するもの・国内債券だけに投資するものや海外株式だけ・海外債権だけというものやそれらを組み合わせている投信や安定的な運用を目指すもの・積極的に成長していくのを目的としたものなど様々な種類があります。
自らの手を煩わせずに様々なものに投資できるものではありますが運用会社・ファンドマネージャーが運用しているので運用した中からそれらへの報酬として信託報酬が支払われてます。またこれ以外に購入時は販売会社への売買手数料、解約時には信託財産留保額などの手数料が必要になります。
株式やFXより手軽に投資できる金融商品で比較的安全といわれていますが先のとおり、他の金融商品と同様に元本保証はありませんので商品選択の際は留意しておくようにして下さい。

コメントは受け付けていません。