MMF

証券会社では、比較的リスクの少ない金融商品としてMMFが提供されています。この金融商品はマネーマネージメントファンドの略となっており、格付けの高い公社債などが組み込まれています。よって、低リスクの金融商品という特性から、証券口座にキャッシュが貯まっている時に一時的にこのファンドに投資をしておく使い方をする個人投資家が多くなっています。マネーマネージメントファンドは格付けの高い債券へ投資する形となることから、運用利回りは低く抑えられている特徴があります。とくに国内向けのファンドは利回りが非常に低い状態となっています。しかし、このファンドは海外の債券を対象とした外貨建ての金融商品も用意されています。外貨建てではアメリカドルやユーロ、オーストラリアドルなどの数種類が提供されていることが多いです。とくにオーストラリアドル建ては金利が高くなっているため、国内向けファンドよりも配当妙味が大きくなっています。このファンドは毎月配当が受けられる特徴があるために外貨建てファンドであれば、ある程度の定期収入が見込める状況が生まれてきます。しかし、外貨建ての金融商品は為替市場で円高になってしまうと、資産が目減りしてしまうので注意が必要です。
観葉植物03

コメントは受け付けていません。