価格変動商品

価格変動商品はマーケットでの取引価格が変動することによって投資した金融商品の価格が変動するリスクがあり、また投資した金融商品の価格が変動することによって当初期待していただけの収益が得られなくなるというリスクの可能性もあります。この価格変動のリスクは日々取引されている金融商品の価格が世界の情勢や経済環境、社会状況などの状況や企業の経営環境などが変化することによって価格変動が起きる可能性があり、この価格変動のリスクは市場全体の動きが原因で起きる市場リスクと、その商品に特有の問題が発生した場合に起こる個別リスクによるものの2つが考えられます。一般的に考えられている投資した金融商品のリスクというのは商品価格の損益に関する不確実性のことを意味している場合が多く、市場においては取引した瞬間から価格変動リスクにさらされているので、状況によっては評価益となるが、反対に評価損になる場合も発生します。この金融のリスクの対象となる金融商品としては株式や債券、投資信託、先物取引のほかにも金やプラチナなどの鉱物や変額年金保健などもあります。投資信託においては組み入れている株式などの価格が変動することによって基準価額も影響を受けることがあります。

コメントは受け付けていません。