資産づくりのための金融商品

資産形成を目的とした金融商品として近年注目を集めているのが、生命保険会社の取り扱う一時払い終身保険です。
一時払い終身保険とは、その名の通り保険料を契約時にまとめて支払い、その保険料で終身保険を一括購入するタイプの生命保険となっています。

 
この保険の大きな特徴は、
①資産が一生涯の死亡保障に変わるので、万が一の際には保険料として払ったお金が死亡保険金として多く返ってくる点
②万が一の場合以外にもお金が必要な場合、そこまでの間に運用して増やしておくことができる点
③一般的な生命保険よりも告知等のハードルが低いため、高齢者の生命保険の準備に適している点
以上の3点となっております。

 
まず①について、もしも銀行の預金にお金を入れたまま万が一のことが起きた場合、口座は凍結してしまうので、ご遺族の方々が葬儀費用等の為に引き出そうとしてもすぐに動かすことが出来ないのですが、生命保険に契約をしていると死亡保険金受取人が保険会社に申し出をすれば、すぐに受け取り手続きが出来、なおかつその保険金は生命保険独自の非課税枠があるため税金的にもお得になります。

 

②についてはお金が必要になった際に、普通預金に入れておくよりも率が良いので同じ寝かせている間に大きな差が生じてきます。

 

③については、もうすでに病気を持っている方でも、運用目的で加入する方が多いこの保険は比較的告知が簡易的なものが多く、病気になってからでも準備が出来る点も人気の一因となっております。
以上の点から近年非常に人気商品となっておりますが、取り扱い会社、窓口等によって利率や条件が違うこともあるので、ご検討の際は十分にご注意ください。

 

観葉植物02